着圧ソックスの口コミって本当なの?

着圧ソックス、ストッキング、タイツの使用に関する体験談

それぞれ違う目的で使用した結果です。

【着圧ソックス】
長い時間歩くときやスポーツの際に利用しています。

土踏まずやアキレス腱部分を着圧機能により締め付けることで足が安定し、結果として疲れにくくなります。

着圧と直接の関係はありませんが靴の中敷きと接する面にゴムなどの滑り止めがあるとさらに疲れにくくなります。

雑貨屋などにある着圧専門の商品より、スポーツブランドの着圧機能を売りにした商品の方が土踏まずなど欲しいところを圧迫してくれている感じがして気に入っています。

メーカーにより編み方が異なり、締め付ける場所が微妙に異なります。

いろいろ履いてみて自分に合ったものを探すと効果は高いですが、店頭で試し履きをできることはほとんどなく購入して試さないといけないのが難点です。

【着圧ストッキング】
お尻から太ももにかけて太っていますので、着やせ効果を期待して着用しています。

見た目の改善が目的なのであまり圧力が強いものは使用していません。

トイレを利用した時のことがありますので日に何度も着脱するため、圧力が強すぎると面倒だということが理由です。

着圧機能がある商品は概して厚みのあるものが多くて、冬場は暖かくてよいですが通気性が悪くて夏場など汗をかく場面には向いていないのが残念です。

普段スカートで出かける際に着用するようになって10年ほどが経ちますが、これが理由で痩せたことはありません。

見た目もおそらく気休め程度の効果しかないと思われます。

【着圧タイツ】
下半身の太さが気になり、美容外科にて脂肪吸引手術を受けた際に使用しました。

手術した病院で支給された商品です。

ストッキングとは比べ物にならないくらい圧力が強く、最初はひとりで履けずに看護師さんに手伝っていただいたくらい着脱は手間です。

脂肪吸引後の脚の形を整えるのが目的なので圧力が強くなっている医療用だそうです。

脂肪を抜いた後の脚をきれいにしたかったので病院で言われた2週間頑張って着用しましたが、結果としては効果はあまり実感できませんでした。

手術の影響で貧血があって横になっていることが多かったので、お肉が重力に負けてしまったのも原因のひとつだと思います。

そもそも太っているのは体質と生活習慣からでしたので、手術したりタイツで締め付けても期間が経てば元の状態に戻ってしまうことを実感しました。

このような商品は刹那的な効果はありますが、長期の効果を求めるなら運動して筋肉をつけるしかないと感じた経験でした。