着圧ソックスの口コミって本当なの?

足のむくみを解消しようと着圧ソックスを使う思う方は多いと思います。

そこで、着圧ソックスの使用感をご紹介します。

脚のむくみはなぜだめか脚のむくみが審美的に気になる方もいれば、脚がパンパンで気になるという人や、夕方むくむのは仕方がないとあきらめる方など様々だと思います。

しかし、脚のむくみは血流の滞りによっておこるため、冷え性の人はより冷えやすくなったり、血液循環が滞って代謝が悪くなったり、また、脚がむくんだまま眠ると、翌朝顔もむくみやすくなる、と言われることもあります。

たしかに、脚が疲れたまま眠ると、翌朝も足がだるいままで、なんとなく顔のたるみも目立つような気がします。

そうした点からも、脚のむくみは放置せず、解消する方が美容にも健康にもいいでしょう。

着圧ソックスは効果があるのか実際に着圧ソックスを使用していますが、効果は感じられます。

今回は、寝る時用の着圧ソックスについて使用感をご紹介します。

着圧ソックスはきゅっと脚を締め付ける長い厚手のストッキングのようなものですが、かかとから太ももまでを、かなり弾力性と圧のある生地で絞めるような感覚で、履いた時点では少し違和感を感じるほどです。

人によっては、肌を締め付ける衣類を身に着けて眠るとリラックスできないと抵抗のある方もいるかもしれません。

ちなみに、着圧ソックスとはいえつま先は空いているものがほどんどなので、靴下を履いて寝るような感覚ではありません。

しかし、かかとから太ももを着圧ソックスで締め付けているだけでも、寝る時のつま先の冷えもあまり気にならない印象です。

そして、効果が実感できるのはやはり翌朝です。

寝る前のふくらはぎの疲れや脚のだるさが翌朝も続くことが多いのですが、着圧ソックスを履いて寝ると、脱いだ時にすっきりとします。

着圧ソックスの締め付けから解放されたためにそう感じるようにも思いましたが、脚の軽さを体験できるのではないでしょうか。

ただ一つ難点なのは、着圧ソックスの形が若干跡に残る点です。

目立つような縫い目はないためぼこぼこした質感などはないのですが、着圧効果を高めるためなのか生地そのものに若干の凹凸があります。

それが脱いだ直後は肌に跡を残すのです。

もちろん時間とともに消えますが、気になる人もいるかもしれません。

ちなみに、着圧ソックスで脚が細くなるというような評判も耳にしますが、3か月使用しても脚が細くなった実感はありません。

美脚効果のほどは個人差があるかもしれませんが、着圧ソックスを履くと就寝中のこむら返りなども減った実感がありますので、血流促進とむくみとりには効果があるのではないでしょうか。